「いどばた会」誕生

●介護保険通所介護事業 ハイカラさん廃業
介護保険が始まってから早4年目を迎えようとするある日、きめ細かく豊かな人材と環境を整えていたハイカラさんの廃業を発表しました。
なぜ?事前に一人一人のスタッフとは相談を続けてきたのですが、対外的にはいよいよゆきわりそうも苦しくなってしまったか?というお問い合わせなどをいただきました。
ハイカラさんに来られる方々は要介護の方々です。朝の送迎から入浴、食事、楽しいプログラムで月曜日から金曜日まで15人定員で運営されています。
看護婦さんが常時配置され、すこしの変化も見逃すことなく急変にも対応できるようになっています。しかし私たちの中には3年も続けてきて、ずっと感じていた「何か変?」が段々つのってきました。さて、この違和感はなんなのだろう?
ゆきわりそうの「枠を外す」という理念がここでは風のように伝わらないのです。考えてみますと人は一人一人違っていて、それぞれの個性があって折り合いながら、共有しながら、生きていくという基本理念にどこか、要介護の方のみで運営されている介護保険の「ハイカラさん」は合わないのでした。そこで思い切って「廃業」ということになりました。


●いどばた会の誕生
それではどんな風にしたいの?という訳で、お年を召した方も、お若い方も、不自由を持つ方も自由に参加できる「たまり場」としての「いどばた会」の発足となります。
いどばた会議という言葉が以前はありました。何気なくお天気のこと、今日のおかずのこと、体調のこと、心配事などしゃべれる場所です。
「いどばた会」はこれからどんな風に発展していくでしょう。
パワー満開のお年寄りや、子育て真っ最中のママやパパ、要介護のお年寄りがヘルパーさんと一緒にワイワイと集い、今日元気な時が過ごせるような場にしたいと思っています。


【NPOゆきわりそう いどばた会】
・会員制とします。
・年齢・障害を問いません。
・元気な方の参加大歓迎です。
・会員になる方は年間千円の会費を払います。
・毎週月曜日から金曜日まで利用できます。
・会員はいどばた会の次の活動に参加できます。
*お昼ごはん作り 実費1食100円
*毎週月曜日午後のお茶会
・その他、みんなで考えてプログラムが構成されますが、そのプログラムに参加することができます。

運営や内容はやりながらみんなで考えて決めていきます。

■お問い合わせはNPOゆきわりそう本部へどうぞ
電話03-3950-2002
担当:姥山/新明/稲村

~4月から始まった「いどばた会」のその後~

お茶、童謡、ハンドクラフトはプログラム1回100円、昼食200円、年会費2千円、看護婦さん、ボランティアさんがついて楽しくすごしています。
現会員は32名、制度の枠を全部外してみるとこんなにみんな元気でいろいろ出来る人だったと驚いているところです。
あなたもどうぞおでかけください。

タイトルとURLをコピーしました