ハローヒポからクリニックと乗馬大会のご案内

ハローヒポから 今後の予定/ハローヒポ

◎ご挨拶◎

新緑の候、皆様におかれましてはますますのご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、この度 独立行政法人福祉医療機構の障害者スポーツ支援基金の助成と群馬県馬術連盟、群馬県馬事公苑のご協力を頂き、ハローヒポ障害者乗馬大会2006を開催することとなりました。
日頃の問題解決や、成果の発表の場として、また、学びの場としてご活用ください。
皆さまの参加を、心よりお待ちしております。

NPOゆきわりそう ハローヒポ
所長   姥山 寛代

申し込み用紙や概要など、それぞれPDFファイルになっています。
ダウンロードしてください。

・ハローヒポ障害者乗馬大会2006参加申込書

・ハローヒポ障害者乗馬大会2006参加者募集要項(クリニック・競技会)


■来日予定のクリニック講師のプロフィール

MARY L・LONGDEN
メアリー・ロングデン

FRDI(国際障害者馬術連盟)指導教育委員会委員長、
FEI(国際馬術連盟)総合馬術審判員、
IPEC(国際パラリンピック馬術委員会)国際審判員、
オーストラリア国内グランプリ審判員。

イギリス、ハンプシャー出身。オーストラリア、メルボルン在住。アトランタパラリン  ピックではオーストラリアチームコーチ、シドニーでは審判員、アテネではカナダチ ームコーチを勤める。障害者乗馬だけではなく、馬術全般においてのスペシャリス トである。
また、特殊教育の博士号を持つ。主な著書は、「TEACHING DISABLED RIDERS」 「COACH WITH COURAGE」がある。

VICKY MELVILLE
ビッキー ・メルビル

ニュージーランド認定理学療法士
IPEC 国際クラシファイアー
RDA 理学療法士/コーチ (ニュージーランド/香港)

1974年に理学療法士としての臨床研修を修了、卒業研究では、対麻痺について  の研究を行った。以来、障害のある人のためのリハビリに深い関心をもつ。その  後、20年以上に渡り国際的に活躍し、近年ではニュージーランドと香港を主とした 活動を行っている。1999年はデンマークで行われた、パラエクエストリアン世界大 会及び2000年シドニーパラリンピックにて、IPECクラシファイアーの役割を果たし た。
このような経験の中で最も大切にしているのは、障害のあるライダー(セラピー、  自立騎乗、パラリンピック競技などレベルに関係なく)たちが目標を達成する一助 になれればということである。
現在は、立ち上げにも携わった臨床ピラテス理学療法クリニック(生物動力学運  動センター;ニュージーランド国ネルソン)で働きつつ、ニュージーランド及び香港  のRDAグループにて指導やアドバイスを行っている。


お問い合わせは、ハローヒポ(担当)黒田までお願いします。

群馬県碓氷郡松井田町行田52 ハローヒポ
℡ 027-380-7088 Fax 027-380-7089

タイトルとURLをコピーしました