3月14日からの活動について

ゆきわりそうグループ 代表 姥山寛代からご挨拶とご報告

この度はゆきわりそうに
お見舞いを頂き
ありがとうございました
全体的には特に変わらず本日を迎えています

ゆきわりそうグループの利用については
ご家族とご相談をしながら進めて行きます
これからの日々につきましては
その日の状況に応じて進めることとなります
皆様への連絡手段は下記の二通りの方法にて行います

以上とりあえずご報告いたします


■当面、ゆきわりそうグループから皆様への連絡は下記の「掲示板」と「NTT災害伝言ダイヤル」にて行います。

→ゆきわりそうグループ連絡用掲示板
*PCからも携帯端末からもアクセス可能です。書き込みは出来ません。閲覧専用です。

また「NTT災害伝言ダイヤル」(171)からもゆきわりそうグループからのメッセージをお聞き頂くことが可能です。
→NTT災害伝言ダイヤルの使用方法(PDFファイル)

「171」→「2」(再生)→「03-3565-3859」(連絡を取りたい電話番号)
*固定電話からも携帯電話からも通話可能です。ただし171へ通話料金がかかります。伝言の録音は行わないでください。再生専用です。


■春の予定の変更について
以下の2つの予定を変更します。
3月19・20日 ハローヒポ春祭り……中止
3月26日~31日 ポニーと歩こう中山道宿場町の旅……延期


三日間 時間があれば
テレビの前に座っていました
死と生のわかれ道は
誰が決めるのでしょう

みたことも 考えたこともない
あの絵図は 生きている人をも
よろこんでさらっていきそうだ

茫々たる海よ
夫をかえして
子どもをかえして
父と母をかえして

地に伏して
涙とどろにまみれて
長い髪が風にふかれながら
さけんでいる

三日間 時間があれば
テレビの前に座っていました
死と生のわかれ道は
誰が決めるのでしょう

合掌
2011.03.14
姥山寛代


東日本大震災による関東地方の被害や交通・余震の状況などを考慮した、ゆきわりそうグループの活動について。

タイトルとURLをコピーしました