なげきとつぶやき

「どうか 私に力をお与え下さい」

お正月の晴れ渡った空

時として私は
得た良きものが
指のすき間から
流れさったことに気付かず
生きてきたのかも知れない
そう
得たものより
失ったものの方が
多いのではないか

正月の真昼
空は青く広く
夜は月と星が輝いていた
昼も夜も天空をみつめながら
流れていった良きものが
どれだけ大切なものであったかを
考えてみた そして嘆いた

私にも古い年に続いて
新しい年がやってきた
またふたたび
私は指のすき間から
大切なものを
きっと流してしまうのだろう
小さく弱々しく天空をみつめながら
深く大きな吐息をする
そしてつぶやく

どうか私のおろかさをお許し下さい
私は気がついたことに
心を配り
全力で自分と闘います
神様 どうか私に力をお与え下さい

2008年1月1日
ゆきわりそう代表
姥山 寛代



■姥’Sトークの更新ログ
●さようなら清水ゆき江さん 2007.09.18
●2007年新年のご挨拶2007.0101
●詩歌「ふりかえれば」2006.12.24
●今、この暗い現実の中で 2006.09
●大成功裏に終わった第九コンサート 2006.07.14
●ハローヒポの乗馬クリニック 2006.06.01
●新年のご挨拶
●2005年ミュージックパーティで発表した詩歌
●雑木林で夢をみた(第6回であいの家合同慰霊祭によせて)〜2005.10.22
●わが友は逝く(山本良夫氏 納骨式に思う)
●第17回ミュージックパーティーの新成人のお祝い〜2004.12.23
●八丈島第九コンサートと夢伝
●詩歌「ある日海に教えてもらった」

●地域福祉研究会ゆきわりそう −「みらい」発足へ−
●ポシェットのメンバー向原中学校で講演〜2004.6.11
楽しかったね!五月の風コンサート〜5月3日in光が丘IMAホール〜
●涙と拍手 感動の3級ヘルパー終了式〜2004.4.29 夢伝大会〜  2004.5.1

    →HOMEへ戻る